公孫淵は前回登場した公孫度《こうそんたく》の孫です。
前回を読んでからのほうが今回の内容が理解しやすいかと思います。

建安九年(204年)、遼東に勢力をもった公孫度が亡くなったのち、長男の公孫康《こうそんこう》があとを継ぎました。

また次男の公孫恭《こうそんきょう》は永寧郷侯に任じられます。

袁紹《えんしょう》の子である袁煕《えんき》・袁尚《えんしょう》が曹操に敗れたとき、公孫康をたよって遼東へ逃げました。

しかし公孫康は曹操が攻めてくるのをおそれ、二人を斬首してその首を曹操に送りとどけます。この功績によって左将軍に取り立てられました。

公孫康には公孫晃《こうそんこう》・公孫淵《こうそんえん》の二人の息子がいました。
 
公孫康が亡くなると、弟の公孫恭が政治をとりおこないます。

公孫恭は、兄の長男である公孫晃を魏の都に住まわせ、魏との関係をよくしようとしました。

しかし公孫恭は国を治める能力に欠けていたため、公孫淵がその位を奪い取ってしまいます。

さらには南方に使者を送り、呉と関係を結びました。

孫権からも使者が送られ、公孫淵を「燕王」としました。

驚いたのは、魏の都にいた公孫晃です。

弟が遼東の支配者となり、しかも魏の敵国である呉と手を結んだというのです。

反乱を疑われてもしかたがありません。

公孫晃は責任を逃れようと、
「弟は危険人物です。いずれ反乱するので、いまのうちに討伐すべきです」
と何度も上奏します。

ところが公孫淵は呉からの使者を斬り殺し(呉から送られた財物はそのままふところに)、その首を魏にとどけたので、魏は公孫晃の言葉を聞き入れませんでした。

公孫淵としては、遠くにある呉はいざというときに頼りにならない、けど贈り物は欲しいという判断でしょう。

魏と呉の二大国家を手玉にとる公孫淵はやがて独立。

魏は司馬懿《しばい》に討伐を命じます。
 
すると公孫淵は呉に助けを求めます。

使者を殺しておいてこの面の皮の厚さはなんというか……。
 
呉は助ける義理などあったものではないのですが、魏への牽制として利用しようと、兵を動かします。

しかし間に合わず、公孫淵は殺されてしまいます。
 
さて、魏の都にいた公孫晃ですが、公孫淵の反乱によって投獄されてしまいました。

公孫淵の首が都に到着すると、公孫晃も「兄弟だから」という理由で殺されてしまいます。

弟の討伐をあれだけ魏に唱えていたのに、理不尽な最期です。

こののち、倭国から卑弥呼《ひみこ》の使者が魏に到着するのですが、それはまたべつの話。