三国志のこんな人物

演義・正史をまじえ、あまり知られていない、もしくはめだたないけど気になる三国志の人物をピックアップ。三国志がさらに楽しくなります。

カテゴリ: さ行

曹沖《そうちゅう》は字を倉舒《そうじょ》といいます。

曹操の子で、幼いころから聡明であったため、曹操からとくに目をかけられていました。

やさしい性格で、多くの者たちに慕われていたといいます。

曹沖の親友で、おなじく神童と名高い周不疑《しゅうふぎ》という者がおり、曹操はこの二人を可愛がっていました。

名医の華佗《かだ》が曹操に殺されたとき、十三歳の曹沖は嘆きのあまり命を失いました。

曹操は愛する息子が亡くなったことを悲しみます。

そしてあろうことか、周不疑にとばちりがかかります。

「なぜ息子は死んだのに、周不疑はのうのうと生きているのだ」と。

そこで暗殺者を送って周不疑を殺そうとします。
 
曹操の息子、曹丕《そうひ》はこれを知ってあわてて止めようとしますが、「曹沖ならまだしも、おまえでは周不疑の相手はつとまらん」と、けっきょく周不疑を殺してしまいました。

ちなみに中国で曹沖が有名なのは、曹操の子だからというわけではなく、中国ではだれでも知っている童話「曹沖、象を量る」の主人公だからです。

あるとき曹操のもとに一頭の象が送られてきました。

曹操はこの象の重さを量りたかったのですが、だれもその方法がわかりません。

すると幼い曹沖は、カラの舟に象をのせ、どれだけ沈んだか印をつけさせました。

それから象をおろし、こんどは舟がその印まで沈むよう石を積ませました。

あとは石の重さを量って合計すれば象の重さがわかります。

これを見て、まわりのおとなたちは感心したといいます。

歩練師《ほれんし》、孫魯班《そんろはん》とつづいて、つぎは孫魯班の夫・全琮《ぜんそう》です。前回の記事を読んでからのほうが理解しやすいと思います。

全琮は字を子璜《しこう》といいます。

つつしみ深くおごりたかぶらず、相手の気持ちをよく考え、財を惜しまず人にほどこす性格だったといいます。

父の全柔《ぜんじゅう》の命令で米を売りに呉へ行ったときも、呉の人びとの生活が苦しいのを見て、米を無償で分けあたえました。

戦乱を避けて南方に移住した中原の士人たちも全琮を頼る者が多く、全琮は家財を投げうって彼らを助けたといいます。

これによって全琮の名は天下に聞こえるようになりました。
 
関羽が樊城と城陽を包囲したさい、全琮は「いまこそ関羽討伐をするとき」と孫権に上奏し、計略を述べました。

孫権も関羽討伐計画を立てていたので、事を漏らさないためにこれを却下。

関羽が捕らえられたのち、孫権は全琮に、
「今日の功績はおまえにある」
とたたえ、楊華亭侯に封じました。
 
そののち、魏の水軍が攻めてきたときもこれを防いだり、陸遜《りくそん》とともに曹休の軍を撃ち破ったりと、将としても大功を立てます。

孫権の跡継ぎとして、孫和《そんか》と孫覇《そんは》が皇太子の座をあらそったときには、全琮は陸遜にこの事態を書簡で伝えました。

陸遜は孫和を推していて、全琮の身内の者が孫覇に組していることを非難したことから、二人の仲が険悪になります。

そもそもこのあらそいの発端は、妻・孫魯班が孫和とその母の王夫人を讒言したことで、孫権の寵愛が孫和から孫覇に移ってしまったからであり、全琮としては孫覇側につかざるを得なくなっているような状況です。

政争のなか、孫和は都から追い出されてしまい、いったん孫覇側の勝利となりますが、そののちに全琮は亡くなってしまいます。

けっきょくケンカ両成敗で孫覇も皇太子にはなれず、幼い孫亮が孫権のあとを継ぎました。

いっぽう全琮の亡きあとは、子の全懌《ぜんえき》があとを継ぎます。

魏で諸葛誕《しょかつたん》の反乱が起こったとき、呉がこれに応じて兵を送ります。

全懌も兵を率いて寿春に向かいましたが、魏軍に包囲されて投降。その後は魏に仕えることになりました。

孫魯班《そんろはん》は字を大虎といい、孫権の側室である歩夫人(歩練師《ほれんし》)の娘です。

妹は孫魯育《そんろいく》、字を小虎といいます。

前回の歩練師の記事を読んでからのほうが内容が理解しやすいかと思います。
 
孫魯班は最初周瑜《しゅうゆ》の長男・周循《しゅうじゅん》に嫁ぎました。

しかし周循は早くに亡くなってしまい、そののち全琮《ぜんそう》に嫁ぎます。このことから「全公主」とも呼ばれます。
 
母の死後、孫権から母の次に寵愛を受けていた王夫人が皇后に立てられることになりました。さらに王夫人の子・孫和《そんか》が皇太子に立てられます。

孫魯班は王夫人をきらっていたので、母子ともども陥れようと、父・孫権に悪口を吹きこんでいきます。

ここから孫魯班の謀略人生がはじまります。

孫権が病の床についたとき、孫和は父の病が治ることを願って宗廟で祈祷をしました。

その宗廟の近くに孫和の妃のおじ・張休《ちょうきゅう》が住んでいて、招かれたのでちょっと立ち寄ったのですが、それを知った孫魯班は、

「皇太子は宗廟に籠りもせず、妃の実家に行って謀略を協議しています。
 その母である王夫人も、陛下が病床についたのを見て嬉しそうな顔をしていました」

と嘘の報告をしました。

これによって孫権は王夫人をきらうようになり、王夫人は悲しみのあまり亡くなったといいます。

また孫権は孫和を寵愛することもなくなり、代わりに孫覇《そんは》を寵愛するようになりました。

陸遜《りくそん》は孫和を推していたので、それに対立する者たちが孫覇に付きました。

こうして呉は、朝廷をも巻きこんだ孫和と孫覇の皇太子争いがはじまります。

当然孫魯班は孫覇派。あの手この手で孫和派の重臣たちを陥れ、孫和を皇太子の座からひきずりおろそうとします。

孫魯班のもくろみは成功し、孫権は孫和を都から追い出します。

またこのとき多くの者が讒言によって誅殺されたり都を追われたりしました。

ところが孫和と孫覇の対立のさなか、孫魯班は父の寵愛が幼い七男の孫亮《そんりょう》に向いていることに気づきました。

そこで孫亮に取り入ることにします。

夫の親族の全尚《ぜんしょう》の娘を褒め、孫亮の妃にします。
 
孫和と孫覇の争いは、最終的にはケンカ両成敗ということでどちらも候補からはずれ、まだ幼い孫亮が皇太子に立てられました。

孫権が亡くなり、孫亮が天子の位につくと、もくろみどおり孫魯班は権力を得ることができました。

密通していた孫峻《そんしゅん》が朝廷を掌握すると、孫魯班の権力はさらに大きなものとなっていきます。

孫儀《そんぎ》が孫峻を暗殺しようとして失敗したとき、孫魯班は妹の孫魯育が孫和を廃することに否定的だったことを恨んでいたため、これを機にと、
「妹も暗殺計画に加わっていました」
と讒言します。

こうして孫魯育は処刑されてしまいました。

妹までをも讒言によって殺してしまったのです。

ところがこの件は、孫亮が知るところとなります。

「なぜ罪のない孫魯育が死ぬことになったのか」

と問うたところ、孫魯班は怖れ、また孫和派であった朱拠《しゅきょ》の二人の息子、朱熊《しゅゆう》・朱損《しゅそん》が兵をあずかる身だったので、

「じつをいえば、わたしはよく知らなかったのです。すべては朱熊・朱損が申したことです」

とまた讒言をします。

こうして朱熊・朱損は処刑されてしまいました。

孫魯班としては、政敵の息子たちをも始末できて一挙両得といったところでしょう。

まさに謀略につぐ謀略の人生です。

朝敵を排除しつづけ、孫峻とともに呉で権力を握った孫魯班ですが、おごれる者も久しからず、やがておわりの時がおとずれます。
 
孫峻が亡くなると、朝廷の権力がそのいとこの孫綝《そんちん》に移ります。
 
孫綝が専横をはじめたので、孫亮は孫魯班とともに孫綝の暗殺をもくろみます。

が、事前に露見してしまいました。

こうして孫亮は廃帝。孫綝によって孫亮の兄・孫休が天子になります。

孫魯班は豫章に流され、権力を失いました。
 
殺されなかっただけましといったところでしょう。

悪女としての評価がありますが、一歩間違えれば自分が殺されるといった朝廷の中で、讒言と謀略によってうまく立ちまわってきたともいえます。

中国史においても、権力を持った女性というのは、保身のために周囲に対してきびしくしつづけないと自分が生き残れません。

仕方ないといえば仕方なかったのかもしれません。

 曹叡《そうえい》は字を元仲《げんちゅう》といい、曹丕《そうひ》の子、つまりは曹操《そうそう》の孫です。
 
幼いころから才能があり、曹操に可愛がられていました。

宴会があるたびに曹叡を同行させるほどでした。

また心優しく、曹丕とともに狩りに行ったとき、曹丕が母鹿を射殺し、その子鹿を曹叡に射させようとしたところ、涙を流して射ることを拒みました。

曹丕は息子のやさしさに心を打たれ、すぐに弓矢を投げ捨てたといいます。

曹丕が献帝を廃してみずから帝位についたのち、曹叡の生母である甄氏《しんし》は次第に曹丕に疎まれ、やがて自殺させられます。
 
曹丕亡きあとに帝位についた曹叡は、母の名誉を回復するため、皇后の尊称をあたえました。
 
また人材登用では公平さを重視し、盧毓《ろいく》(盧植の子)に、
「名声などというのは、地面に書いた餅のようなもの。うまそうに見えても、じっさい食べることはでない」
といいました。

これが「絵に描いた餅」の語源といわれます。

やがて曹叡は、三十六歳という若さで亡くなってしまいます。

ところで正史の「三十六歳」という年齢にしたがうと、曹叡は袁紹《えんしょう》の孫である可能性も出てきます。

というのも、曹叡の母・甄氏は、もともと袁紹の次男である袁煕《えんき》の妻。

美人と誉れ高かったため、袁一族が曹操に滅ぼされたとき、曹丕が側室としてもらいうけたのです。

それで三十六年前といえば、まだ曹丕が甄氏に出会う前。

つまり袁煕の子ということになります。

裴松之《はいしょうし》の注釈では、「亡くなったのは三十四歳の誤り」としています。

しかし、もし本当に袁紹の孫だとしたら、曹操に滅ぼされながらも、袁家の血筋が魏を支配したことになりますね。

ちなみに曹叡の子は若くして亡くなったため、次の天子は親族の曹芳《そうほう》が就きました。

仮に曹叡が袁紹の血筋だとしても、残念ながらその支配は曹叡一代だけで途絶えたことになります。

諸葛瞻《しょかつせん》は字を思遠といいます。

蜀の丞相、諸葛亮の子です。

幼いころから聡明でしたが、諸葛亮は「早熟すぎて大成しないのではないか」と心配し、そのことを兄・諸葛瑾宛ての手紙に書いています。

書画が得意で物覚えもよかったため、諸葛亮亡き後の蜀では多くの人びとからもてはやされていました。

なにか善政があれば、「諸葛瞻がやった(本人がやってなくても)」と伝えられたことから、実力以上に過大評価されました。

魏の鄧艾《とうがい》が攻め込んできたときには、黄崇《こうすう》とともに防ぎに向かいます。

しかし涪《ふ》県に着くと兵を進めず、鄧艾の侵入を許してしまいました(詳細は黄崇の記事を参照)。

鄧艾は諸葛瞻が弱腰と見て降伏を勧めますが、諸葛瞻は激怒してその使者を斬ります。

これによって両軍がぶつかり、諸葛瞻は前線で戦死。三十七歳でした。

父のようなとびぬけた才能はなく、また優柔不断でいくさの経験もほとんどありませんでした。

が、それでも降伏せずに最後まで戦って蜀に忠義を尽くしたのは、やはり諸葛亮の子であったといえるでしょう。

↑このページのトップヘ