三国志のこんな人物

演義・正史をまじえ、あまり知られていない、もしくはめだたないけど気になる三国志の人物をピックアップ。三国志がさらに楽しくなります。

カテゴリ: た行

張燕《ちょうえん》は、もとの名前は褚燕《ちょえん》といいます。

趙雲とおなじく常山の人です。

後漢末期、天下が乱れに乱れた時期、褚燕は盗賊団を率いて各地を荒らしまわっていました。

食い詰めた民たちは褚燕の盗賊団につぎつぎと加わり、やがて一万人以上もの大組織になります。

おなじころ、張牛角(某焼き肉屋ではない)が頭目をつとめる盗賊団があり、張燕はこれと合流して張牛角を頭目にしました。

しかし張牛角はいくさの最中、流れ矢にあたってあえなく負傷。

死の間際、「褚燕を頭目にせよ」と皆に伝えます。

こうして褚燕は、張牛角から「張」の姓をゆずりうけ、「張燕」と名乗ります。

張燕は人並みはずれて動きがすばやかったことから、「張飛燕」とも呼ばれました。むだに名前がかっこいいです。

張牛角のあとを継いで事業拡大し、河北各地の盗賊団もその傘下にどんどん加え、ついには百万をもこえる超大手の盗賊団にまで成長します。

張燕は団名を「黒山」としました。「黒山賊」の結成です。

あまりの大軍に、漢王朝もなすすべがありません。

しかし張燕もしたたかで、勢いのあるうちにと、漢王朝に降伏して平難中郎将の官位をもらいます。

賊軍ではなく、正式な官軍となったのです。

以降、反董卓連合軍が結成されたときに協力したり、公孫瓚に協力して袁紹とたたかったりしました。

しかし袁紹に敗れたのちは、軍団の勢力が衰えていきます。

曹操が冀州平定に乗り出したとき、勢いのある者に乗っかろうと、張燕はこれに協力。

平北将軍に任命され、のちに安国亭侯に取り立てられます。

こうして張燕は安泰に一生を終えたといいます。

張特《ちょうとく》は字を子産と言います。

劉備《りゅうび》と同じ涿郡《たくぐん》の出身です。

魏の牙門将軍で、諸葛誕《しょかつたん》の配下に所属していました。

諸葛誕は張特を無能だとして追い返そうとしましたが、ちょうど毌丘倹《かんきゅうけん》と任務を交代したため、毌丘倹はそのまま張特を合肥新城の守りに就かせました。

呉の諸葛恪《しょかつかく》(諸葛瑾《しょかつきん》の子)が合肥へ攻めこんできたとき、城を守る張特のもとには三千の兵士がいました。

しかし病や戦死によってその半数は失われ、しかも城は呉軍に包囲されてしまいます。

もはや守りきれないといったときに、張特は呉軍にこう伝えます。

「我々は、これ以上戦う気はありません。魏では百日経過しても援軍が来なかった場合、降伏しても家族は罪に問われません。もう90日が過ぎていますので、しばらくお待ちください」

なんだか企業みたいな規則ですが、呉も物分かりがいいのか攻撃を控えてくれました。

そしてその間に張特は城の補修をし、降伏せずに最後まで城を守り抜きました。

この功績によって張特は列侯に封じられ、安豊太守に昇進したのです。

張承《ちょうしょう》は字を仲嗣《ちゅうし》といいます。

呉の賢臣・張昭《ちょうしょう》の子です。

若くからその才能を知られ、諸葛瑾《しょかつきん》や歩隲《ほしつ》と交わりを結んでいました。

勇敢でまっすぐな人柄で、絶えず自分を磨き続けたといいます。

長沙西部都尉に就任したときには山住民族の不穏勢力を討ち、精兵1万5000人をその配下に加えました。
また人物鑑識にも優れ、呉のために才能のある人材を抜擢していきました。

まだ若かった諸葛恪《しょかつかく》に対しては「いずれ諸葛家を滅ぼすであろう」と予言しました。

思いやりのある人物で、志のある者たちは皆、張承の門を叩いたそうです。

六十七歳で亡くなり、定侯と諡《おくりな》されました。

子の張震《ちょうしん》は諸葛恪が誅殺されたときに、一緒に死んだといいます。

トータルウォー版三国志『Total War: THREE KINGDOMS』というゲームで、「Zheng Jiang(おそらく「鄭姜」)」という女賊が登場したので、誰だろうと調べていたときにたどり着きました。

なにかのアイディアになるかもしれないので、ついでに書き記しておきます。

正史『三国志』の魏書・方技伝に、周宣《しゅうせん》という人物が登場します。

字は孔和といい、占いの名人です。

東平に劉楨《りゅうてい》という人物がいて、四本の足の生えた蛇が門に穴を掘って住みついているという夢を見ました。

これを周宣に占わせたところ、「女子で反乱を起こす者がいて、誅殺されるでしょう」と答えました。

しばらく経ってから、鄭《てい》と姜《きょう》という女盗賊たちが討ち取られました。

蛇は女子を象徴するもので、足は蛇にあってはならないものなので、このように占ったのでしょう。

ゲームに登場したことで、急に脚光を浴びそうな予感がします。

↑このページのトップヘ