三国志のこんな人物

演義・正史をまじえ、あまり知られていない、もしくはめだたないけど気になる三国志の人物をピックアップ。三国志がさらに楽しくなります。

カテゴリ: あ行

袁安《えんあん》は字は邵公《しょうこう》といい、袁紹《えんしょう》の祖々々父です。

もはや三国志の時代からだいぶ前の人物ですが、袁紹がスネ夫のごとく、

「ぼくの一族は四代にわたって三公を輩出してきた名門なんだ」

と自慢する理由として紹介しておきます(本当に自慢してたかは知りませんが)。

人名を覚えるより、因果関係を知ったほうが三国志は楽しめると思いますので。

袁安が活躍していた時期は、後漢二代目の天子・明帝のころです。

仏教が伝来し、中国最古の寺ともいわれる洛陽の白馬寺が建立されたのも、このころだといわれています(白馬寺は、日本では北斗神拳発祥の地として知られているようですが)。
 
袁安は学問を好み、祖父について儒学を学んでいました。威厳のある人物だったといいます。

やがて官僚になり、公正無私な政治をおこなったことで名をあげました。
 
明帝の異母兄である楚王・劉英《りゅうえい》が反乱をくわだてて失敗し、封地を取り上げられた翌年、袁安はその楚の地で太守をつとめます。

劉英反乱の余波は大きく、楚郡には連座して投獄させられた者たちが大勢いました。

楚郡にたどり着いた袁安はすぐこの件に着手し、罪が不明瞭な者たち、無実の者たちを調べあげます。

これによって四百人以上もの人たちが救われました。

この功績により袁安は都に呼ばれ、河南尹(河南の長官)になります。

厳格で公正な政治を十年つづけ、皆が認める朝廷の名臣となりました。

明帝が崩御し、章帝《しょうてい》の代になると、袁安は三公の一つ、司空《しくう》に昇進します。次いで司徒《しと》になりました。

三公とは、三つの最高官職です。

時代によって変わるのですが、このころは司徒(行政長)・太尉《たいい》(軍事長)・司空(監察長)です(三公は、のちに曹操が自分に権力を集中させるために廃し、みずから最高位である「丞相《じょうしょう》」につきました)。

さて、袁安には袁敞《えんしょう》という子がいて、司空になります。

また袁安のもう一人の子である袁京《えんきょう》の子・袁湯《えんとう》(袁安の孫)は、司空・司徒・太尉とすべてを歴任しました。

さらに袁湯の子である袁逢《えんほう》(袁術の父)は司空、袁隗《えんかい》(袁紹のおじ)は司徒と、四代で五人の三公を出したことになります。

日本でいえば、三公は総理大臣のようなもので、四代で総理大臣を五人輩出したような感じでしょうか(雑な説明ですが、感覚的にはそんな感じかと)。

自慢したくなるのもわからないでもありません。

袁紹の父といわれる袁成も袁湯の子ですが、袁紹が生まれてまもなく亡くなったといいます。

(まとめ)
1、袁安(司空、司徒)
2、袁敞(司空)
3、袁湯(司空、司徒、太尉)
4、袁逢(司空)、袁隗(司徒)
5、袁紹、袁術

王沈《おうしん》は字を処道《しょどう》といいます。
 
幼いころに両親を亡くし、おじであり魏の司空でもある王昶《おうちょう》に養われました。

書を好み、文章に優れていたといいます。

大将軍の曹爽《そうそう》に仕えて中書門下侍郎になりましたが、司馬懿《しばい》のクーデターで曹爽が殺されると、連座して免職させられます。

のちに呼び戻されて復職。文章にすぐれていたことから、魏の歴史書である『魏書』の編纂を任されます。

これには荀彧《じゅんいく》の子である荀顗《じゅんぎ》、竹林の七賢のリーダー・阮籍《げんせき》も協力しました。
 
ただ王沈の『魏書』は、陳寿《ちんじゅ》の『三国志』とは別物です。また現存していません。

内容的には、客観性の高い『三国志』のほうがすぐれていたといいます。

学問を好む曹髦《そうぼう》は、即位すると王沈など文士たちをしょっちゅう呼んで文学を語り合っていました。
 
とくに王沈は曹髦から「文籍先生」と呼ばれ、尊敬されていました。

こうして王沈は、曹髦の信頼を得ていきます。

いっぽう曹髦は、司馬昭の専横に頭を悩ませていました。

そこで司馬昭誅殺をくわだて、信頼できる王沈に相談をしました。

ところが――。

決起の日、曹髦が数百人の近衛兵をひきいて司馬昭のもとへ向かいました。

が、司馬昭はすでにこれに備えていたのです。

それというのも、信頼していた王沈が、司馬昭に密告してしまったからです。

曹髦は返り討ちにあい、殺されてしまいました。

こうして朝廷は、司馬一族に掌握されることになります。

王沈はそののち出世を繰り返し、司馬炎の代になって晋が興ると、賈充《かじゅう》や羊祜《ようこ》たちとともに朝廷の重要人物になります。

そして安泰に生涯を終えました。

もし王沈の密告がなかったら、歴史が変わっていたかもしれません。

ある意味、晋のいしずえを築いた人物ともいえそうです。

王凌《おうりょう》は字を彦雲《げんうん》といいます。

『三国演義』では貂蝉《ちょうせん》の義父だった王允《おういん》の甥にあたります。

王允は董卓《とうたく》の誅殺に成功しますが、そののち、董卓の手下である李傕《りかく》・郭汜《かくし》の反乱にあって殺されてしまいます。

李傕たちは王允の一族をも皆殺しにしようとしました。

当時王凌《おうりょう》はまだ幼く、兄の王晨《おうしん》とともに城を脱出。郷里へと逃げ帰りました。

のちに王凌は推挙されて県長となりますが、なにかの事件にひっかかって五年の刑罰をいいわたされます。

労役のために道路の掃除をしていたところ、曹操の車が通りかかりました。

曹操は王凌が王允の甥だと知ると、罪を許したうえ、自分の属官に抜擢したのです。

王凌は青州の統治をいいわたされます。

青州は法整備もととのっていないので治安も悪く、政治も腐敗しており、少し前までは黄巾賊の残党がはびこっていたような場所です。

しかし王凌は民を教化して見事に治めたため、多くの人たちから感謝されました。

そののち王凌は、統治能力を認められて兗州、豫州などに転任。うまく治め、民たちによろこばれます。

こうして王凌は、淮南地方に大きな権力を持つようになりました。

やがて三公(三つの最高官位)の一つ、司空にまで昇進。司馬懿《しばい》のクーデターによって曹爽《そうそう》が殺されたのちは、三公の一つ、太尉になります。

さて、このころの魏の天子はまだ若い曹芳《そうほう》。

曹爽の死後、朝廷の権力は司馬懿に移っており、もはやただの傀儡でしかありません。
 
王凌は曹芳を廃し、曹操の子である曹彪《そうひょう》を新たな天子に立てようと画策しました。

曹操への恩返しなのか、曹一族の権力復活をもくろんだのです。

王凌は曹彪に使者を送って連絡をとりあい、反乱の機会をうかがいます。

ところが密告によって司馬懿にばれてしまいました。

司馬懿は大軍をひきいて王凌討伐に向かいます。

王凌は勝てないと悟って降伏。都へ送り返される途中、毒を飲んで自殺しました。

ちなみに同年八月、司馬懿は病にかかります。

干宝の『晋紀』によると、司馬懿は、王凌がたたりをなす夢を見て気を病み、やがて亡くなったといいます。

王粲《おうさん》は字を仲宣といいます。

若いころから才能にすぐれており、当時名高かった蔡邕《さいよう》(蔡琰の父)に高く評価されていました。
 
十七歳のころに司徒に招かれ、黄門侍郎に任命されましたが、長安が戦乱であったことから就任せず、荊州へ向かって劉表を頼りました。

しかし劉表は、王粲はやせ細っていて風采が上がらないのを見て、あまり重用しませんでした。

劉表が亡くなったのち、王粲はその子の劉琮《りゅうそう》に、曹操に降伏するようすすめます。これによって曹操に認められ、そのもとで昇進していきます。

魏で新しい制度を制定するときには、王粲がかならずそれを主宰しました。

建安二十一年(二一六)年に呉の討伐に従軍しましたが、翌年道中で亡くなりました。四十一歳でした。
 
王粲の特徴といえば、その優れた記憶力でしょう。

石碑をひと目読んだだけで、一字一句間違えずに暗唱することができました。また対戦中の囲碁の盤面も、ひと目見ただけですべてを覚えて再現できたそうです。

さらには計算や文章をつくるのもうまく、書いたものは手直しが不要なほどだといいます。

王昶《おうちょう》は字を文舒《ぶんじょ》といいます。

曹操のころから魏に仕え、曹丕の代では兗州《えんしゅう》刺史に昇進しました。

曹叡《そうえい》が帝位に就いてからは魏の政治を改めようと『治論』を著し、兵法を述べた『兵書』とともに上奏。子らの教育についても訓戒の書を残しています。

郭嘉《かくか》の子である郭奕《かくえき》とも親しかったのですが、子らへの訓戒には「郭奕は聡明だが度量が狭く、人を気に入れば山のように重んじ、気に入らなければ草のように軽んずる」と書き、真似してはならないと諫めています。

呉で孫権の後継者争い(二宮の乱)が起こったときには、呉討伐を上奏します。

呉とのいくさでは大いに敵を撃ち破って活躍しましたが、城を落とすことはできませんでした。

文欽《ぶんきん》や毌丘倹《かんきゅうけん》、諸葛誕《しょかつたん》の反乱のさいには兵を率いて鎮圧に向かい、これらの功績で三公の一つ、司空の位に就きます。

甘露四年(259年)に亡くなり、穆公《ぼっこう》と
諡《おくりな》されました。

王昶は子らの教育に力を入れており、子の王渾《おうこん》は三公の一つ、司徒の位に就いています。

子らへの訓戒は教育論として評価されていますが、いっぽうで
郭奕を例に挙げたことについて裴松之《はいしょうし》は、
「旧友を貶すべきではない。文章に残せば、旧友の契りにも反することになり、その子孫にも先祖の悪を伝えることになる」
と批判しています。

↑このページのトップヘ